ピラティスとは

1920年代にドイツ人のジョセフ・ピラティスが開発したエクササイズがピラティスです。
ジョセフ・ピラティスは従軍看護師をしていた経歴があります。
第一次世界大戦で負傷した兵士たちのリハビリのために開発されたピラティスは、体幹の深層筋・インナーマッスルを呼吸法を活用しつつゆるやかに鍛えるフィットネスプログラムです。
ピラティスを行う事によりいろいろな効果があります。
・代謝が上がる
・姿勢・歩行姿勢が改善される
・無駄な動作がなくなり、転倒による骨折などの故障防止につながる
といった効果が得られると考えられています。
ちなみに、ピラティスをする側から教える側になる時には、資格を取得する必要があります。
もし、資格を取得したいと思ったら、次のところで取得できますよ。

でも、まずはピラティスを始めるところからかもしれませんね。