カテゴリー別アーカイブ: 生活

東日本大震災と原発の事故

東日本大震災は、私たち日本人にとって忘れることのできないものです。

あの地震により、日本の半分は長い時間激しく揺られ、大津波も発生しました。
そして福島県では、それらが原子力発電所の事故につながりました。
それらすべてが東北地方の、特に太平洋側に、予測できないほど大きな大きなダメージを与えたのです。
私たちが繰り返しニュースで見たように、あの巨大地震の揺れと津波は恐怖としか言いようがありませんでしたよね。
瞬く間に家も車も人々も、すべてを奪い去りました。

津波が残したのは、おびただしい量の瓦礫だけでした。
あらゆるメディアで災害の様子や被害の大きさが伝えられましたが、人々の避難状況などを見聞きするたびに、
なにか少しでもできることはないだろうかと考えた人は多いのではないでしょうか。
そして、ボランティアとして、行動力のある人たちはすぐに東北へと向かったのです。

彼らの好意とは裏腹に、災害直後は現地でもかなり混乱しており、彼らの存在に気を配る余裕さえもなかったようです。
しかし、次第に状況が落ち着いてくれば、やはり現場にはどうしても人の助けが必要となり、
現地へ行くことのできるボランティアの方々の存在は、とてもありがたく大切なものとなりました。
そこで、ボランティアをしにいくためのツアーが多く組まれるようになったのです。
そのようなツアーは現在でもまだ存在しているのです。

週末や連休など、少しの時間でもお手伝いに行けるという方は、是非足を運んでみてください。

あべのハルカス ファッションフロア

2013年6月13火に大阪阿倍野地区に有るあべのハルカスがタワー館だけですがオープンしました。

オープンに先駆けて前日の6月12日、あべのハルカスが顧客を招待してプレオープンならぬ内覧会を開催しました。
通常どの位の人数を招待するのか妥当な数は分かりませんが、あべのハルカスでは40万人もの人を招待したそうで、驚く程の人が当日あべのハルカスに訪れたそうです。

当然顧客はレストラン街にも足を延ばして食事をしようと思うのですが、阿倍野ハルカスダイニングは多くの方が座れる様に広く設計されていますが、さすがにこの人数に一度に提供するのは無理な様で人で溢れ返ったそうです。

あべのハルカスの最寄り駅は天王寺駅になるみたいですが、その近辺にはあべのハルカスより前に商業施設がいくつか有ります。

こうした近隣の商業施設の食事が出来る所にあべのハルカスで食べられなかった人達が流れ込んで行ったみたいで、思わぬ恩恵を近隣の商業施設は受けたみたいです。
当初はあべのハルカスにお客を取られるのではないかと思っていた商業施設もこれは予想外だったかもしれませんね。

しかし招待した顧客がどの位内覧会に訪れたかは分かりませんが、多分オープン初日に行くよりは空いているだろうと考える所が行ってみたら混雑していたので言った人自体もビックリしていたのではないでしょうか。

あべのハルカスでは多くの求人を募集していますので、条件が合う様であれば求人募集を見て応募してみるのも良いかもしれませんね。

エアウィーヴ

エアウィーヴは、この自宅でお洗濯が出来るという点も人気の秘訣です。
それは、エアウィーヴの独自に開発された、新しい素材がポイントになっています。

極細繊維状樹脂というものを、三次元の状態に組み合わせ、絡みあわせた、立体的構造で作られているからです。
その結果、自宅で洗っても、凹んだり、つぶれたりしないで、元通りの高い反発力を維持できるわけです。

口コミを見ても、高齢者の方が使っているというお宅も多いです。

筋力が弱く、寝返りがうちにくいという高齢者の方でも、エアウィーヴがそっと身体を支え、寝返りを助けてくれますので、気持ちよく体勢を変えることが出来ます。
また、快眠が得られることに加えて、冬には温かく、夏は涼しいこと、丸洗いが可能ということで、人気があります。
ただ、筋力が弱っている高齢者の方々には、マットレスなどは、ちょっと重いかもしれませんが、ご家族が面倒をみてくださる方でしたら安心ですよね。
高額な商品ではありますが、使用感の良さは多くの人の口コミでお墨付きです。

特に、エアウィーヴの四季布団は、寒い冬には暖かくて、夏には蒸れないという良いことばかり。
中に入っている材料のなんと90パーセント以上が、空気なので、その分、断熱性に優れていて、冬でも暖かいので、ぐっすりとお休みになれます。
さらに、通気性も良いのでカビがはえたり、ダニが発生したりする不安もありませんから、小さいお子様にも安心してお使いになれます。